カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ひさびさの足尾

今週末は大会の練習をしに足尾へ行ってきた。

フライトクリニックにも講師として誘ってもらった。
世界選手権ワイルドカードゲットしたユウジくんが発案。
対象は板敷&足尾の学生HGフライヤー。
実君、伊藤、ミッチー、豊田、フーミン、トミー、元気らを講師に招き、講師1人に生徒二人でチーム単位で、無線でアドバイスしながらタスクを回るというもの。

10月14日
朝はくもり。
北東でリッジコンディション。
沖には積雲があったが、足尾付近の尾根は日照がない。

タスクは
テイクオフー釣堀ー凸山ー足尾山頂ー筑波山駐車場ーメインLDの約20キロのタスク。
ぼくは講師ミッチーと生徒桑島くん、張くんと同じチームでタスクをまわった。

ゲートオープン12:00、スタートは12:30から10分間隔で7回。僕らのチームは、ゲートオープンと同時にさくっと出れて
上空で待機。リッジ&渋いサーマルコンディション。
タれたタイミングで張くん脱落。ごめんね。
12:30過ぎから晴れ間がでて、条件が好転しはじめる。
1000くらいでスタート。ミッチー&桑島くんとタスク回る。
山頂とったあと、この日一番のサーマルにヒット(僕にとってね)1300まであげ、先行していてミッチーを抜いて、駐車場に到着。900で着き、ファイナルに入れるが、講師だし、ここで待っとくか~と油断していたら、雄一郎くんにさきにファイナルきられる。結局800でファイナル。
じゃいくか~とのんびりしていたら、猿公園をこしたあとミッチーにぬかれ、その次僕、桑島君の順でゴール!
ゴールで300近く余ってしまった(はずかし~)。
ショートタスクながらも楽しく飛べた。

ファイナルのときにフルロックにすると体が起きてしまい、
スピードが出ないし、空気抵抗が大きい。何とかしたい。

夜は座学。
チーム単位で反省点・改善点を話し合う。
その後、全体でチームごとの反省点・改善点を発表した。
一番多かったのが、周りが見えてないってこと。
渋いときに、自分のリフトに固執してしまって、サーマルに乗り遅れて、降りてしまったり、時間ロスしたりしてしまう。

そのあとBBQで親睦会。

10月15日
予報は晴れだったが、朝から高層雲がはり、おまけに北風が昨日よりも強い。
タスクは昨日と同じ。時間は昨日より30分早めた。
風があやしかったため、12:00くらいまで飛ばず。
12:30くらいからやっとテイクオフしはじめる。
結局サーマルはあるものも、トップは低く最高で850。
おまけによく流れる。
そんななか張君は昨日の反省を生かし、ちょい高度の低かった僕をちゃんとマークしていい位置にいた。後半猿壁に残るか、パラTOにいくかの判断で、こぼれてしまったけど。
昨日よりよかったと思う。

タスクをまわったのは、桑島君とあがいちゃん?だけ。

大沼さんと約束があったのではやめに足尾出発。
17:00EJCのゴールにも追加されたULPの飛行場につく。
着くのが遅すぎて、タンデムフライトはお預けに。

今日は1000mで13m/sくらいの北風が吹いていたそうだ。
茂木の変電所まで、行ってきたそうだ。
対地速度は行きは40km/hで帰りは130km/hだって。
そんだけ吹いてたら、サーマルトップも低いわけだ。
(滑空性能がよければ、もっとあげれたかもしんないけどね)

4:00ふらふらになりながら、我が家に到着。
ハードな旅でした。

クリニックはいい企画だった。
ユウジくんをはじめ運営をしてくれたかた、講師、生徒のかたお疲れ様。また、開催してほしいなあ。

今回の旅でさらにハングの楽しさ再発見できた。
a0012449_23163237.jpg
a0012449_2316464.jpg

[PR]
by kenji55000 | 2006-10-16 23:16