hangglidingのブログ。


by kenji55000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

4月11日 板敷スプリングフライト TASK3

タスク割愛。

スタートは、サーマルトップより200mくらい低い1650mでスタート。

ツバメ、雨引の西側、冨谷山のサーマルを乗り継いで、集団から抜け出す。
”今日のオレはちょっと違うぜ!”と勘違い。

井の頭公園に向かって、前に板さん、鈴木さん、大門さん、シゲト、 
横目に平林さん、小梶くんらとグライド。

井の頭公園に向かうコースを僕より東よりにした小梶君は、1900mで富谷山発で、1700mで井の頭公園に着いたそうだ。(僕は、同じサーマルで1900mで発射、1150mで井の頭公園着)

井の頭公園とちょい北にある工場で必ず上がると思ってサーマルを探すが、
なかなか強いサーマルにヒットできずに、集団に追いつかれる。
1300まで返し、大門さんらとホンダのテストコースで1700まで返し、ニイタ駅へ。
ニイタ駅近辺で、だんだんシンクが強くなってくる。
ニイタ駅とって、パイロン方向に流して、キリンビールの工場の風下で弱いのヒットするが
あげられず、沈。

後で、大門さんにきいたら、コンバージェンスの東側に出てしまったらしい。
大門さん、ユウジ君は、ニイタ駅とって、90度曲がって、西側に移動して(コンバージェンスに戻った)で
+4ヒットして、1000mまで返してファイナルグライドだったそうで。

反省。
大きい風の流れがイメージできてない。
グライドするとき、常にいいコースを探る。

タスク2,3ともに条件がいい時間がが短く、しかしゴール者は多いんで
選手のレベルが上がったから?それとも機体の性能も上がっているから?
両方かな?
[PR]
by kenji55000 | 2009-04-16 06:17