hangglidingのブログ。


by kenji55000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

テイクオフでの戦術

テイクオフで基本的な戦術を2つほど、ゴール時間の推定方法と、スタートの時間の決め方です。
①ゴール時間の推定方法
まず、ソアリング時間とグライド時間に分けて考えます。
タスク距離60kmだとします。
風が、ヘッド、フォローそんなに強くないと仮定します。
(もし、クロカンタスクなら補正してください)

A:ソアリング時間
60kmグライドするのに滑空費10とします。
ゴールするのに、すると高度6000m必要です。
その日のサーマルの平均が+1.67m/sなら、ソアリングには3600秒、つまり30分かかります。
(エアースタートの場合は、この考え方をもとにして変えてください)

B:グライド時間
グライダーのグライド中の速度を60km/hと仮定すれば、60kmグライドするのに1時間かかります。

C:タこる時間
サーマル探したり、道に迷ったりする時間をエイヤーで見積もり、30分間だとします。
これは、気象条件、パイロットのテクニックによるもので、決め方は本人お任せします。


A+B+C=2時間かかると推定できます。
(これはwindのアントンさんのコラムに載ってました。)
(アントンさんありがとうございます!)

②スタート時間決定方法
タスクの中で、一番難しい”峠”みたいなところがあります。そこを超えるのに、その日のサーマル高度がMAXになる時間を合わせればよいです。もし、”峠”がないなら、時間が最短になるように、サーマルが一番いいところに合わせればよいです。サーマル発生時間(サーマル使える時間)はエリア(西向き、東向き、北向きなど)、その日の天候によって変化するので、気象ブリーフィングは耳を”ダンボ”にしてきくといいですよ。
(板垣さんに足尾で学生のとき、ききました。板さんありがとう!)

最近の得点計算(GAP2000)は、ゴール時間が同じなら、スタート時刻が早いほうが得点が高いので(デパーチャボーナス、アライバルボーナス)、ほかの選手との駆け引きがあります。それも頭に入れて、スタート時間を決めます。最近はほとんどエアースタートなので、”テイクオフしてから、エアースタートまでの時間”と、”ハーネス着てから、テイクオフまでの時間”を考えれば、自分がハーネス着る時刻が決めれます。

どうでっしゃろ!
分かっていても、大会のときはいっぱいいっぱいで冷静に考えられないときもあります。こうして、文章にかくと何も難しくないんだけど、、。
参考になりました?

P.S.
桑島君へ
次回ミーティングで青い日記をaiolos全員に宣伝しといてね!
池田の大会も役員確保もよろしくお願いします(本当助かります)
歓迎します!(うちの妻も娘も)
[PR]
by kenji55000 | 2005-05-16 06:19 | hanggliding